災害現場把握に必須!初動を担う「ドローン調査」の実力

土砂崩れ調査

災害が起きた時、現場の状況と第一報を伝えるのに欠かせないものとして注目されているのが、災害調査用ロボット「ドローン」です。

弊社では自治体や民間企業からの依頼を受け、状況に応じて最適な調査ができるドローンサービスを提供してまいります。

災害現場の第一報映像はドローン撮影が定着!?

災害現場は、人間が容易に入れるかどうかわからない危険がつきもの。

そこで近年急速に活躍の場を広げているのがドローンの目(空撮)です。

ヘリを使った空撮に比べ安価で初動も早く、何より無人であることから撮影による危険性が大幅に減ります。

最近では火山噴火の起きた火口付近の調査、土砂崩れのあった山岳調査などに積極的に利用され、その後の救出活動や復興活動に活かされています。

ドローン(UAV)というと「空撮」のイメージが強いですが、無人探査機という点でいえば、空からの視点だけではありません。

現に水中用ドローン分野も目覚ましく成長しており、水質調査などにとりいれられています。今後さらに精度が上がれば、水害現場での活躍も定番になってくることでしょう。

空、陸そして海と、無人探査機の分野は今まさに目覚ましく成長しています。

今後ドローンは、災害時用として調査・警備・救助などを担う自治体や民間団体にはなくてはならないものになることは間違いないでしょう。

災害現場でのドローンの役割

ドローンの強みは「無人」であること。小型ゆえに機動性に優れ、状況に合わせスペックを調整できる柔軟さがあります。

これらを生かした情報収集の能力が、今のドローンに期待されています。

情報収集という点では、機動性、飛行の安定性、映像や静止画の解像度の高さ、データの正確さなどが求められますが、これらいずれにも対応できるだけの能力があります。

これは今後さらに精度が上がっていくため、われわれ人間が求めるもの、それ以上の結果が期待できます。

情報収集以外では、物資の運搬、救助支援なども期待できますが、これらが実現するのはまだしばらく後になることでしょう。

1.最速での「無人」現地調査が可能

ドローンは小型のものも大型のものもありますが、初動の速さを求めるのであれば機動力のある機体を用意。

あらかじめセッティングをしていつでも飛べるようにしておけば、他の何よりも先に現場に到着して状況を把握し、情報を伝えることができます。

現場によっては人間が立ち入れるか、立ち入ることが困難なのかを把握することは非常に重要

この情報を多くの団体で共有すれば、ムダを最小限に抑えて直ちに救助、復旧、消火、通行規制などが行えます。

特に自然災害の現場は大規模で、人間による現地調査は難しいもの。しかしドローンにとっては、こういった現場こそ実力を発揮できます。

いつ起こるかわからない自然災害の発生に備え、ドローンを常にスタンバイさせておくのです。

ちなみにドローンの速度は撮影用ドローンとしてよく知られているPhantom3で57km/hほど。

2016年8月には112km/h以上出る4Kカメラ搭載の世界最速ドローン「Teal」が登場したことで話題となりました。

速度的には自動車と似ていますが、空では地上と違い障害物がないため、現場に着くスピードではドローンが圧倒的に有利なのです。

2.最初の情報量としては十分の撮影時間を確保

ドローンの飛行時間は一般的に15分程度のものが多いのですが、最近は30分近く飛べるものも増えてきました。

同機体であってもスペックをあげれば飛行時間ものび、スピードもアップします。

いずれも機能はどんどんと向上しているため、今はまだ少し足りないと感じていても、数年後にはきっと満足する値となっていることでしょう。

先に紹介した通り、ドローンは障害物のない空を飛行するため、地図上では直線距離での移動が可能です。

例えば飛行時間が25分間の場合でも、空による最短ルートの到着ができるので、行き帰りの飛行に10分かかったとしても、現地で15分間の情報収集が可能です。

一見短いように感じますが、初期段階の情報収集としては十分足りることでしょう。

3.高スペックで「じっくり調査」

ドローンは状況に応じて機体のスペックを変更し、柔軟に対応することができます。

すでに機動力のあるドローンで最初の現地調査が済んでいるのなら、その後はじっくりと調査ができる機体を飛ばすことで、今後の方向性を決めるのに役立ちます。

高性能なカメラや赤外線カメラを搭載するなど、拡張性の高い機体もあります。

飛行中(撮影中)の映像はリアルタイムで確認できるため、テレビやプロジェクターを用いながら複数人が同時に確認、即意見交換し対策を練ることができます。

災害調査用ドローンにあると便利な機能

  • GPS(全地球測位システム)
  • 事前に目的地を設定して飛ばせる。

  • カメラ
  • 動画・静止画ともにより解像度が高い方が良い。4K(横4,000×縦2,000に対応した映像)対応ならなお可。

  • ビジョンポジション(安定化機能)
  • 上空で静止するとき、風などに影響されず同じ場所でホバリングする機能。映像の質が格段にアップする。

  • 飛行時間
  • 目的地までの移動を考え、30分近くあるものが望まれる。

  • スピード
  • 理想は時速70km/h前後。飛行時間と安定性を考慮した速さがほしい。

  • 衝突回避センサー
  • 周囲の状況を感知して、自動で障害物を回避する機能。

  • ビジュアルトラッキング
  • 動く被写体を常にフレームにとらえつつ自動的に追尾して撮影する機能。

  • その他現場を想定した機体など
  • 地震、土砂崩れ、火災、洪水、津波、トンネル災害、火山噴火、雪崩、崩落、地盤沈下、水中災害、建物内での災害などにあわせ、最適なスペックが求められる。

災害現場を想定したドローンテスト飛行の重要性

災害調査に有効とされるドローンの実力。まずその能力を知るためにも、テスト飛行(デモ飛行)が重要になってきます。

弊社にご依頼いただいた場合は過去の飛行経験から、最適のスペックをご提案いたしますが、もし将来的に皆様が自社でドローンを用意する予定であれば、テスト飛行は大事な経験になります。

さまざまな状況を想定したテスト飛行をすることで、最適な機体、カメラ、その他スペックの調整もしやすくなるでしょう。

いくらドローンが使いやすく安価になってきているとはいっても、知識や技術なしでいきなり導入できるほど簡単なわけではありません。

そこで弊社ではドローンの実力や知識を多くの団体様企業様に知ってもらえるように、積極的に要請にこたえてドローン飛行を行ってまいります

随時ご相談を受け、防災訓練等で災害現場の調査を想定したデモ飛行も行っております。自治体や官公庁からのご依頼もお受けいたしますので、ぜひご検討ください。

コメントは受け付けていません。

お問合せ・ご相談はこちら

ドローンサービスについてのお問合せやご相談

ドローンサービスについてのお問合せやご相談

電話:022-738-7828
メール:info@timiddroneteam.com